FX

FXsuit3すくみ補填や出金拒否の最新情報!飛んだのは本当か?

こんにちは!ユウです!

近年、FXsuitsという海外FX会社が提供する「3すくみ」手法が注目されています。

安全かつ確実に利益を獲得できる手法として、多くの方が利用しおすすめされています。

しかし、FXsuitsは2020年10月ごろから「飛んだ」「出金拒否」という情報が、Twitterで飛び交っています!

はたして信頼できる業者なのでしょうか。

FXsuitsが提供するトレード手法の仕組みや、運営会社の情報、世間の評判などから検証していきます。

ちなみに、記事の最後には、この記事を読んでくれた皆様に特別なプレゼントを用意しています。

ぜひ最後まで見ていってください。

FXsuitが飛んだ?【2021年2月最新情報】

FXsuitが飛んだ!とTwitterなどを中心に情報が飛び交っています。

FXsuitが飛んだのはほぼ確定!のようですね。

 

FXsuitが強制ロスカットで補填無し【2021年2月最新情報】

さらに「FXSuit補填待ち」「FXSuit出金拒否」といった情報も拡散されています。

こういったツイートは現在どんどん増えている状況にあり、残念ながら出金については絶望的です。

FXsuitはどんなFX会社か

FXsuitは、キプロスという小さな島国にあるFX会社です。

キプロスは、トルコの南方に位置する国家です。

設立し、日本でも利用が可能になった当初、日本の有名トレーダーがFXsuitのことをSNSなどで好感触に紹介したことで話題となり、

現在は多くの個人投資家が口座を開設してトレードを行なっています。

紹介された当時、非常に画期的なトレード手法で注目されました。

以下、FXsuitの会社自体の信頼性や安全性について解説します。

海外FXの新鋭業者

FXsuitは、まだ設立されて間もない新鋭の海外FX業者です。

FXsuitの設立は、2019年のことですので、設立されて間もありません。

設立年度が最近で、新しい会社だという点だけで安全性が低いという評価をすることはできませんが、

以前からFXトレードサービスを提供する老舗のFX会社などと比較すると、やはり信頼性は劣ります。

信託保全はなし

FXsuitでは、安全性の指標となる信託保全の設定はなされていません。

信託保全とは、FX運営会社が、投資家から預かっている証拠金を自社の銀行口座などで管理するのではなく、

別の会社である信託会社に預けることで、資金管理の健全性を目指す仕組みのことです。

FX会社の経営が破綻した場合、投資家が投入している証拠金は信託会社から返還される仕組みになるので、資金の保全の面で大変信頼感があります。

日本のFX会社は、信託保全の仕組みを採用することが当然になっている一方、FXuitsではこの仕組みが採用されていません。

他の海外FX会社のうち、信頼感のある会社の多くが信託保全あるいは資金補償などの耐性のある会社も多い中、

FXsuitには投資家保護の体制がないので、大きな不安要素となっています。

金融ライセンスの取得履歴もなし

さらに、FXsuitでは各国金融ライセンスの取得履歴もありません。

金融ライセンスの取得は、例えば日本のFX会社なら同国の金融庁に認可を得ることが連れ位になっています。

また、海外FX会社でも多くが海外各国で金融当局から認可を得ているケースが多いです。

日本でも有名な海外FX会社であるXMでも、世界的に認可を売ることが難しいイギリス金融当局の認可を得ています。

一方で、FXsuitでは今のところ金融当局からの認可は全く取得していません。

金融当局の認可は、FX会社の安全性を図るうえで重要な要素ですので、FXsuitに関しては注意して対応する方が無難と考えられます。

グループ会社が詐欺認定されている

FXsuit自体は、詐欺に関与した会社であるという実績はありませんが、FXsuitのグループ会社であるSalvex Limitedという会社は、

海外の大手FX掲示板であるFPAにおいて詐欺業者に認定されています。

グループ会社が詐欺関連の業者だからといって、FXsuit自体が詐欺に関与している事実は確認できませんが、

一般的な優良業者と比較すると、警戒して取引をしないといけないと考えるのが当然です。

現状、特に問題のない取引を行なっていると感じる方も、いつトラブルに巻き込まれるかわからないという危機感を持って臨むことをおすすめします。

FXsuitの3すくみ手法

FXsuitが注目された理由としては、提供する取引手法にあります。

FXsuitでは、いわゆる「3すくみ手法」のサービスを提供しています。

リスクをほとんどなくしながら、確実に利益を獲得していくことができる手法として、多くの方が注目した画期的なシステムでした。

FXにおける損失リスクは、予想した相場と反対の方向に相場が動いたときに発生する為替差損ですが、

3すくみ手法なら為替差損の発生をほとんどなくすことができるようになります。

3種類の通貨ペアでスワップポイント稼ぎ

FXsuitの3すくみ手法の仕組みは、

・USD/JPYの売りポジション

・EUR/USDの売りポジション

・EUR/JPYの買いポジション

の3種類のポジションを同量持つことで、発生する為替差損を相殺しあうことができます。

為替相場の変動における損益発生を実質ゼロにしたうえで、保有ポジション数に応じて付与されるスワップポイントを貯めて収益とするのが、3すくみ手法の収入源となります。

スワップポイントとは、保有するポジション数に応じて、通貨ペアの金利差に基づいて計算されたポイントが付与されるもので、

銀行預金で言うところの利息と感覚は近いです。

一般的なFX会社では、同様の3すくみの状態のポジション保有を保有しても、トータルのスワップポイントはプラスにならないケースが多いですが、

FXsuitでは一定の金額が確実にスワップポイントとして計上されます。

3すくみ手法は、トレードといっても単にポジションを買い足していくだけで、FXにおいて困難な売買のタイミングや保有ロット管理などをする必要がなく、

初心者でもすぐに取り込めるわかりやすい投資手法です。

FXsuitの損失補填の状況

過去にFXsuitでは、3すくみ手法を利用していたトレーダーが、一時的なシステム不具合と思われる事態に差し掛かり、思わぬ損失を被った時に、いい対応をしたこともあります。

ただ、一貫性がなく不平等を感じるトレーダーが多かったことも確かです。

FXsuitの対処方法は果たして正しかったのか、検証してみます。

補填の実績はある

事件は2019年10月26日に起こりました。

それまで順調に資産を伸ばしていたトレーダーの多くの資金が一気にマイナスになってしまいました。

その時は、マーケットスパイク(急激で一時的なレート変動)が起こったことが要因と考えられました。

3すくみ手法は、保有ポジションを増やしていくことでスワップポイントの収入が増加していくので、

保有ポジションを持てば持つほど一時的な相場変動によりロスカットになってしまう危険もはらんでいることになります。

トレーダーの多くが、FXsuitの運営側に資金補填を申し入れたところ、補填を受けられたトレーダーの喜びの声が寄せられるようになってきました。

ただ、その順番は全く一貫性がなく、補填される金額に関しても、元の証拠金を上回っている方もいれば、

逆に下回っている方もいるなど、補填のルールも不明のまま実施されているように見受けられます。

FXsuitの運営側は、「トレーダー一人一人の状況を調査しながら順番に対応している」とのコメントを出していますが、

あまり信頼のおける対応ではないと感じられます。

FXsuitで出金拒否の事実はあるか

海外FX会社の悪徳な手法といえば、トレーダーからの出金要請に対して不当な拒否をする行為です。

いつの間にか資金を持ち逃げされるような対応をされてつらい思いをした日本人トレーダーも少なくありません。

FXsuitは、出金拒否を行なった実績はあるのでしょうか。

出金手数料30%、入金から半年間出金不可

FXsuitは2021年1月下旬において、いよいよ出金停止を受けるトレーダーが増えてきました。

出金できたとというコメントも見られますが、自作自演のダマシである可能性も考えられるので、飛ぶ直前に差し掛かっていると考えるのが無難です。

また、初回入金時から半年経過しないと出金できないというルールがありますが、

このような過剰な制限をかけていることも、海外FX会社の中では非常に珍しいことといわれています。

あまりにトレーダーに不利な出金時ルールを課しているのが非常に気になりますね。

出金手続きにかかる手数料は、出金額の30%という設定になっており、海外FX会社の中でも法外な金額設定といえます。

FXsuitの評判

FXsuitは、まだ事業を開始して間もないため、利用者もそれほど多くはありませんが、

すでにFXsuitを利用した方々の口コミ投稿などが結構たくさんインターネット上で公開されています。

FXsuitを利用した方々の、FXsuitに対する評判はどのようなものでしょうか。

FXsuitは飛ぶ?破綻する?

FXsuitに対して、安定した利益があげられていると好評を博しているコメントも結構多くみられますが、アフィリエイト目的のサクラでしょう。

出金時の過剰なまでの制限に対して不振がったり、金融当局の認可が得られていない点に不安を覚えたりと、悪評価のコメントも同様に多くみられます。

また、FXsuitの特徴である3すくみに関しても、否定的な姿勢を示す評価もあります。

そして、2021年1月下旬において、出金拒否を受けるトレーダーが出てきていることから、

飛ぶ寸前、あるいはすでに破綻して飛んでしまった可能性を懸念するべきです。

アフィリエイト報酬目当ての勧誘に注意

これからFXsuitを利用しようと考えている方は、アフィリエイト勧誘からの利用に気を付ける必要があります。

現在、たくさんのトレーダーのブログで、FXsuitの紹介および口座開設へ誘導するような内容の掲載がされているケースが多く見受けられます。

これらはたいていがアフィリエイト報酬を目当てにしたもので、過剰にFXsuitの魅力をアピールし、過大評価となっている可能性が高いです。

海外FX会社で口座開設をしてFXトレードを始めるなら、安易な選択をするのではなく、

きちんと業者を見極めて安心かつ信頼してトレードを継続できる業者を選択することが肝要です。

まとめ

以上、FXsuitについて紹介をしました。

FXsuitは、金融当局の許可を全く得ていなかったり、グループ会社が詐欺会社であったり、

信託保全の設定がなされていなかったりと、不安なポイントをあげるときりがありません。

また、3すくみの仕組みがいつまでうまみのある投資手法として活用できるのかも気になるところです。

2021年1月下旬の出金拒否の実例を考えると、飛ぶ直前か、あるいは経営破綻してしまい飛んでしまった可能性を懸念するべきです。

最終的には自己判断で口座開設をしてトレードをすることになりますが、

不安のある方や初心者の方は、XMなど実績があり信頼感のある海外FX会社を選択する方が無難です。

そして、


最後までお読みいただきありがとうございます。




このブログでは、いろんな副業案件の調査や、稼げる案件の紹介を行っています。

このブログを友だち追加してくださった方には、
投資初心者の私でも日給10,000円以上を達成した
FX自動売買ツールプレゼントしています。


プレゼント内容はこちら
↓  ↓  ↓



本当に稼ぎたいと思っている方の一つのきっかけとして、
私が紹介するFX自動売買ツールを無料でお渡ししています。

もちろん実績も載せていますし、
使っている人全員が入っているコミュニティもありますので情報交換もできます。

完全無料で永年使えるものですので、ぜひ使ってみてください。

なぜ無料なのか、自動売買の内容はどうなのか。詳細はリンクからご覧になってください。


ご希望の方は、

下記のLINEに登録して頂き


・お名前
・ビースト希望


上記の情報を返信してください。

よろしくお願いいたします!


友だち追加